採用情報
トップ > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 平成19年度キャリア採用

先輩社員紹介

入社動機

ヨーロッパで公共交通を軸にしたまちづくりを目の当たりにし、これからは公共交通の時代だと確信

大学時代から交通や都市計画に興味があり、研究していました。 卒業後、大手コンサルティング会社で主に道路交通に関する仕事をしていましたが、この頃から国が政策として公共交通に力を入れはじめ、公共交通に関する仕事をしたいという思いが強くなりました。 30歳の時に一念発起し、ヨーロッパ(ドイツ、スイス、イタリア)を1か月程度一人旅し、公共交通を軸にしたまちづくりを目の当たりにし、これからは公共交通の時代だと確信しました。 当時、バイタルリード広島支店はまだマンションの一室で畳の上に机を置き、数人で仕事をしている状態でしたが、「業務はもちろんだが、一緒に会社の仕組みづくりをしてほしい」と誘われ、大手ではなかなか味わえない「会社をつくる」という部分にも参加できることに大きな魅力を感じ、入社を決意しました。

仕事内容

多くの社内プロジェクトに参加し、より働きやすい会社をつくるための取組を行っています

仕事になる前の相談やコンペに勝つための提案書作成とプレゼンテーション、受託した業務の遂行 (調査の企画・実施・とりまとめ、問題・課題の抽出、事業実施に向けた調整、計画書のとりまとめ、事業の実行支援、事業評価など)といった具合に幅広く仕事をしています。
また、業務とは別に、多くの社内プロジェクトに参加し、より働きやすい会社をつくるための取組を行っています。会社がより働きやすくなり、スタッフがいきいきと仕事に取り組み、 クライアントにも良い成果が提供でき、より良い社会の実現に少しでも貢献できれば、これ以上良いことはありません。


ある日のスケジュール

8:20出社。メールやスケジュールを確認。
9:00課内ミーティング。協議資料や提案書等の作成方針等を課内スタッフと打合せ。
10:00社内プロジェクト会議(出雲本社とつないでTV会議)。会社の仕組みづくりに関するプロジェクトについての打合せ。
12:00お昼休憩
13:00クライアントとの協議のため外出。
17:00帰社。外出中に届いたメールの確認・返信。協議内容の整理と協議を踏まえた作業項目の整理と分担方針を検討。
18:00会議資料のラフ検討、データ分析等。
20:00退社。


仕事のやりがい・醍醐味

自分の提案が社会に良い影響を与えていることを知ったときが最もやりがいを感じます

自分の提案がベースとなり、これまで停滞していたまちや人が動き出し、良い方向に進んでいるときが最も仕事のやりがいを感じます。 また、発展途上にある会社の問題点や課題を分析し、よりよくする活動も、中小企業ならではのやりがいを感じられます。

キャリア年表

2007年 入社 (29歳)
キャリア採用で広島支店に入社。いろんなことにチャレンジできる自由闊達な社風、 マンションの1室で畳の上にデスクを並べて仕事する環境(当時)の下で、新鮮な気持ちで仕事に励む。 一方でこれまでやってきた仕事と内容・やり方が結構違って、日々悪戦苦闘。プライベートでは、転職・引越しを機に入籍。
2009年 業務の主たる担当者へ (31歳)
公共交通計画の策定や事業の実行支援・評価、道路整備に関する合意形成など、各種業務の主たる担当者として取り組むようになる。 また、この頃からプロポーザル(※)の提案書作成も任されるようになり、「自分の提案がクライアントに評価され、採用される」 ということに大きなやりがいを感じ始める。
※プロポーザル…発注者が業務を発注する際、複数の者に企画を提案してもらい、その中から優れた提案を行った者を選定する方式
2013年 技術士(建設部門)取得 (35歳)
仕事を任されることが多くなる中でより高みを目指すべく、家族等の協力を得ながら勉強時間を確保し、技術士(建設部門)を取得。試験勉強を通じて社会資本整備の奥の深さを改めて知るとともに、社外にもネットワークが広がるようになる。業務でも管理技術者として業務全般を主導する立場となる。
2014年 第二子(次男)誕生 (36歳)
次男が生まれ、これまでの生活とは状況が一変する。子育てはほぼ任せきりだった長男の時と違い、共働きで妻も仕事が忙しくなる中、時短制度を利用して家事や保育園の送迎などをすることが増える。 様々なしがらみや慣習がある中で、自分もどうすれば仕事をしながら子育てをうまくこなすことができるかを考える機会が自然に増える。
2016年 働きやすい環境づくりへの取り組み (38歳)
部次長となり、業務を進めながら部下を育成する一方で、自分の体験を活かして働きやすい職場づくりにも積極的に関わる。特に資格取得支援や人事評価制度導入といった社内プロジェクトに関わり、チャレンジする人を後押しする仕組みのあり方を日々考えている。家庭では2人の男の子の面倒を見ながら四苦八苦の毎日。

エントリーされる皆さんへのメッセージ

わが社は従業員50人未満の小さな会社ですが、この業界では一目置かれる存在になりつつあります。 その力の源泉は、「チャレンジする人を後押しする企業文化」です。 まちを元気にしたい人、業界のパイオニアになりたい人、仕事と子育ての両立を図りたい人など、志を高く持ち、共にチャレンジできる人の応募をお待ちしています。


その他の先輩社員紹介

平成23年度
新卒採用
平成21年度
キャリア採用
平成26年度
キャリア採用
平成27年度
キャリア採用
平成28年度
キャリア採用
平成28年度
キャリア採用